使いたい公共交通機関で探す賃貸物件

あとで読む

スタッフの人間性と相性

不動産に限らず、営業関係の仕事は、一般事務職のように、決まった時間内に、与えられたデスクワークをこなせば良いという性質のものではなく、どれだけ多くの契約を成立させることが出来るのかが、みずからの成績や評価、収入、待遇などを決定する重要なファクターになります。
そのような事情から、賃貸不動産の仲介業務を取り扱うスタッフの中には、自社の利益や、自分の営業成績を向上させるために、顧客を獲得するのに躍起になっている人が少なからず見受けられます。
そうした姿勢が、仕事に対する熱心さや、より良い顧客対応、サービスの充実などにつながるケースは数多く存在すると思われます。
ただし、そのようにバリエーション豊かな、数多くのアドバンテージが得られる反面、営利目的の業者の中には、顧客の満足度を二の次に考えて、利益追求に走った強引なセールスなどをおこなうスタッフもいないとは限りませんので、気をつける必要があります。
そういった一部の、心無いスタッフが存在するという状況があることから、不動産業者全体に対して、「こわい」というイメージを抱く消費者が少なからず存在するのは、たいへん残念なことだと考えられます。
しかしながら、そういう悪質な営業をおこなわずに、良心的なサービスを提供している業者も数多く存在すると思いますので、今までに、スタッフの対応によって嫌な思いをしたことがある人も、それに懲りず、再度チャレンジしてみるのも良いのではないかと思われます。
また、業者スタッフも人間ですから、人によって、サービスのクオリティに差が出たり、顧客との相性に違いが生じたりすることは否めない事実であると言って良いでしょう。
そういった事情を考慮すると、不動産業者の屋号や、店舗の名称などだけではなく、担当者一人ひとりの特性にも注意を払って、部屋探しをすることが重要になってくるでしょう。
例えば、スタッフの対応が気にいらなかったり、お互いの人間関係が悪化して、気まずい思いをしたりした場合でも、その人個人の人間性や、顧客との相性などに問題があるとすれば、が勤める会社全体に対するイメージを悪くしたり、利用する業者を変更したりするのはまだ早いと考えられますので、十二分に注意して対応することが必要になってきます。
そういうトラブルが発生した場合には、担当するスタッフを変更してもらって、様子を見るというのもひとつの有効な選択肢となるでしょう。

Copyright (C)2018使いたい公共交通機関で探す賃貸物件.All rights reserved.