使いたい公共交通機関で探す賃貸物件

あとで読む

業者と交渉する際の注意事項

不動産情報を掲載した雑誌や、インターネット上のウェブサイトなどを見ていると、ひとつの賃貸物件を、複数の業者が紹介しているケースも少なくないのがわかります。
同じ物件を取り扱っている、他のエリアを管轄する自社の支店に顧客情報を流したり、そちらのショップを利用客に紹介したりすることは少なからず見受けられます。
しかしながら、自分の会社とまったく利害関係の無い業者に対して、そのようなアクションを起こすことはまず無いと思われます。
また、そういう風に、別の業者でも同じ物件を斡旋している場合には、価格やサービスなどに於ける競り合いが発生して、割り引き率が高くなったり、手厚い特典を設けたりすることが必要となるケースが多いようです。
そういった状況は、仲介業者の立場からすれば、ディスアドバンテージになりますが、消費者にとっては、多くのメリットが得られることにつながるでしょう。
そのような事情を考慮して、複数の業者から同じ物件の見積もり金額を提示してもらったり、別の業者が示した金額をふっかけて、値引き交渉をおこなったり、サービスの充実を求めたりする消費者も少なくないようです。
そのような方法が功を奏すれば、先ほど述べたように、コストやサービスなどの面で数多くのアドバンテージが得られることと思われます。
ただし、あまりにもそういった手段に固執し過ぎると、逆効果になってしまうリスクも少なからずありますので、注意する必要があります。
たとえば、物件を紹介してもらったり、下見に行ったりした際に、他の業者を利用することも考えていると述べたり、そうした雰囲気をかもし出したりすると、スタッフのモチベーションが下がって、事務的なサービスしかおこなわなくなってしまう事例も多いということです。
その反対に、そちらの業者を利用して、すぐにでも契約する意思があることをほのめかしたり、必要な資金の準備が出来ていることを申し伝えたりすることによって、スタッフがやる気を出して、値引き率を高くしてくれたり、手厚いサービスを提供してもらえたりする場合もめずらしくないそうです。
そういった事情を考慮に入れると、あまりにも長い間にわたって、値切り交渉をし続けたり、契約の時期を先延ばしにしたりすることも避けた方が賢明であると思われます。
そして、業者スタッフに対して高圧的な態度を取ったり、知ったかぶりをするのではなく、謙虚な姿勢で一任するのも大切なことです。

注目の賃貸。きちんと整理されているこのサイトで情報収集しましょう

Copyright (C)2018使いたい公共交通機関で探す賃貸物件.All rights reserved.